BLOGブログ

【コロナとスバルのドラッグなはなし】 No43 「ウイルスの色は?」

2021/05/16

緊急事態宣言が続いています。

このところ、テレビなどでもよく見かけるコロナウイルスの画像ですが、走査型電子顕微鏡で撮影したものは基本的に白黒です。

カラー写真は、後からコンピュータで(勝手に)色付けをしたもの。

そもそも、目で見える色、すなわち可視光線は380 ナノメートルの紫色から780ナノメートルの赤色までの波長なので、それより小さい100ナノメートルにすぎないコロナウイルスは可視光線がとどかない、色つきでみることはできません。

ただし、例えば極小のモノ、例えばチョウの鱗粉とか、複眼が集合体になると虹色など色を見ることができるので、コロナウイルスを何億個も集めた集合体にすれば、本来の色がわかると思います。

そんな気味のわるいこと、だれもしませんけどね。(P)