BLOGブログ

【コスモとスバルのドラッグなはなし】No25 「見えざる敵」

2020/04/20

新型コロナの感染拡大がなかなかペースダウンしません。

先日もやむをえない用事があって、新宿に行きましたが、地下街などはまさにゴーストタウンでした。

もう40年近く前の映画「復活の日」をアマゾン・ビデオで見ましたが、医療崩壊など、よく描かれていますが、映画を今の報道が上回っている感じがして、愕然としました。

原作では、やがてウイルスの抗体が見つかって、人類は復活を果たすのですが、はやく薬が開発されるのを願うのみです。

それまでは既存の薬で、薬効を検証しながら、治療するしかありません。

筆者の弟も医者ですが、これから長い闘いにまけないでほしいと思います。

世界中の医療機関が開発に躍起になっていますが、時間がかかるのは、ワクチンの培養には時間がかかること。さまざまなワクチンを試すので、時間との闘いになってしまう。

そんな中、最新の技術で、培養しなくても微生物の状態を電子顕微鏡とAIで素早く分析する方法を国内で共同研究中。もともと、再生医療(細胞製剤)向けの技術ですが、もしかすると、ワクチン開発の迅速化にも、応用できるかもしれません。

とにかく、今こそ英知を結集して、「見えない敵」に打ち勝ってほしい。

それまでは、我慢の一字ですね。(P)